2011年04月19日

消費者動向調査と税金

消費動向調査 3月消費者態度指数下落幅最大 「弱い動き」に下方修正
産経新聞様より… 4月19日(火)

 内閣府が19日発表した3月の消費動向調査によると、今後半年間の暮らし向きなどについて消費者の見方を示す消費者態度指数(一般世帯、季節調整値)は東日本大震災の影響などから、前月比2.6ポイント低下の38.6と2カ月連続で前月を下回った。下落幅は月次調査を始めた平成16年4月以降で過去最大。

 消費者心理の基調判断も前月の「ほぼ横ばいとなっている」から「弱い動きがみられる」と22年11月以来4カ月ぶりに下方修正した。

 消費者態度指数を構成する、「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」4つの指標もそろって低下。震災後の態度指数の集計値(38・3)は震災前より0・8ポイント低い結果となった。内閣府では「震災に伴う先行き不安が影響した」(内閣府)としている。

 一方、1年後の物価見通しが「上昇する」と回答した割合は前月比9・8ポイント増の69・3%と4カ月連続で増加し、原油高などを反映した。

 今回の調査は全国6720世帯を対象に実施。3月10〜20日にかけて、4904世帯から回答が寄せられた。うち約67%が震災発生日の翌日(12日)以降の回答で、被災地の岩手、宮城、福島、茨城の140世帯からは回収できなかった。

 内閣府では今月から、消費者態度指数について、過去のデータが十分に蓄積されたため、季節要因を加味した調整値を発表することにした。

産経新聞様より…。。


この様な記事は、たぶん真っ先に首総官邸でも、周知されている事と思いますが。


その割には、増税路線な話をしている様なので…。。


どの様に理解されているのか…疑問を懐かざろう得ない…。。


増税したら…ますます冷え込む事間違いないのに…。。
posted by サチ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。